舌側矯正とは?

舌側(リンガル)矯正とは?

正面からは装置を付けているように見えない舌側矯正

舌側矯正は正面から見えにくい

装置が小さくなり違和感も軽減された

「歯並びは治したいけれど、矯正装置が気になる」「職業的に表側の矯正装置はつけられない」などと躊躇されている方も多いと思います。
舌側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれないで治療ができます。

治療期間も現在では、表側の矯正と変わらない・症例によっては、よりはやく治療が終わることもあります。
現在では装置自体が小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されました。治療中のむし歯に関しても、歯の裏側の装置なので、歯の表面のエナメル質をまったく傷つけることなく、矯正中に歯の表面のむし歯の心配もありません。

治療症例へ >>



トップへ戻る