治療症例

治療症例

「歯並びを治したい、綺麗な笑顔になりたい、と思っていても歯の表面に矯正装置は着けたくないし、人に気づかれないで治療できたら・・・」「職業的にも制約があって矯正装置が見えてしまうと困る・・・」このような方には歯の裏側に矯正装置をつける『舌側・裏側矯正』が適しています。

治療前

前歯がでこぼこの歯並びと、咬み合わせた時に、下の前歯が隠れてしまう過蓋咬合(ディープバイト)の症例。

治療中

でこぼこの並びも綺麗になって、歯列の対称性もよくなりました。

治療後

噛み合わせた時に、上下の正中線も一致し、機能的・審美的な歯並びになりました。ブラケットを外した後は、歯の後戻りを防ぐ為、細いワイヤーで固定(保定)し 経過を観察していきます。

Q&Aへ >>



トップへ戻る